×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

review01
review02
赤ペンP
赤ペンP[2007年8月デビュー]
Introduction
mylist赤ペンP作品
Blog赤ペンPの添削日記

 さて、赤ペンPだ。これを読んでいる人は「どんな人」だと思い浮かべるだろうか。ラジオの人? 企画の要所要所を裏から支えているすごい人? あずさ派の重鎮? 長文で定評のあるブログの執筆者? それのどれもが正解ではあろうと思う。だけど、自分が見た赤ペンPは人をリスペクトし、そして素晴らしいMADを作り上げるプロデューサーの一人であるということだ。
 「Say,Yes!」を見たとき、春香を春香としてほんとに印象に残るプロデュースをしていたと思う。カット一つ一つが意味をあるように思えて、自分の心を掻きむしるのだ。
 「Bye Bye Blue Bird」の飛翔していく千早には泣かされた。「Eclipse」の高潔な貴音のかっこよさを引き出したその手腕。どれも素晴らしい。
 赤ペンPといえば、先に紹介した「Say,Yes!」で少しばかり覚えていることがある。赤ペンPがこの曲でアイマスMADを作る以前にダムPが同曲で作っていたのだ。それも赤ペンPのリクエストで。
 細かな経緯は赤ペンP自身のブログにて確認していただくとして、自身の思いが届いて、赤ペンPがTwitter上でとても感謝していたことが未だに忘れられないのだ。人にリスペクトし、影響を与え、与えられて。そこにコミュニティがあるということを気付かせてくれたからだ。
 そんな赤ペンPがVRFでどんな30分を魅せてくれるのか、楽しみだ。【raydive】