×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

review01
review02
神風P
神風P[2011年6月デビュー]
Introduction
mylistKaMIKaZE WoRKS

 「神風は三度吹くか」。VERROCK FESTIVAL '11に神風P参戦と聞いて、まっさきに思い浮かんだフレーズがこれである。そう、神風とは文永の役・弘安の役においてモンゴル帝国の度重なる日本への侵攻を防いだとされる二度の暴風雨のことであり、つまりそーゆーモンゴルも裸足で逃げ出すレベルの動画が神風Pの手により今回あがってくるんじゃないかな、と。つまり「あの」衝撃のデビュー作、HaRuKarnival'11作品においての最高マイリス数を誇る「あの」デビュー第二作、に続いて三度目の神風が今回このステージで吹いてくれるといいな、いや吹くに違いない、ってゆーかそろそろ吹いてくれてもいいはず、と。や、こーゆー書き方をすると神風Pのデビュー三作目以降はアレなのかとゆー話になるんだけど、フビライが「君まで届きたい裸足のままで」とシャイニーなスマイルを浮かべるほどのクラスだったかと言われるとちょっともにょる部分が正直あるわけで、そうつまりこれは大変なデビューを飾ってしまったPなだけに大変な期待を背負わされてしまうが故の難しさ、とゆー話なのである。や、違いますよねすいません。あとお気に入りのリボンをうまく結べなくて何度もほどいてやり直しをしてるフビライを想像してしまった人にもすいません。とにかくアレです、当日ステージに駆けつける予定の皆様にはレインコート&隣の人と体を結びあうためのロープのご用意をお願い致します、とゆーことで。そらもうエラいのが吹きまっせ!【匿名希望】